多重人格ノート

多重人格(解離性同一性障害)に関する読書録

『多重人格者の真実』

エクソシズム(悪魔祓い)についての考え方

ラルフ・アリソン
 
医師は、患者の幸福、つまり治癒だけを第一に考えなければならない。従来のテクニックが失敗したら新しい方法を開発しなければならない。(略)
精神科医にとって「現実」は一つしかない、それは”患者の現実”である。

それ自体(魔術の真似事の経験)は高校生がよくやる馬鹿げた遊びの一つに過ぎない。しかしそのことは、彼女(キャリー)が”善と悪の概念”や、”神と悪魔”という概念を信じていることを示していた。だから、「悪魔祓い」のような宗教的方法が効き目があるかもしれないと思った。

患者たちは、ほんとうに「憑依」されていたのだろうか。わたしにはわからない。患者が治ったのは、間違った理論が、たまたま正しく働いた結果なのかもしれない。おそらくわたしは「霊」を祓っていたというより、交代人格に対する型破りな手法を「発見」したということなのかもしれない。現時点では、わたしは自分の経験を書き表わすことしかできない。


服部雄一

実在する人物が交代人格になる例は外国でも報告されている。こうした人格は虐待の加害者が多いといわれている。虐待を受ける子供は加害者に同一化して自分を守ろうとするからである。

体から出たがらない人格を無理に追い出すと「セラピストに殺される」と感じて暴力や復讐に訴える危険性がある。また、消えたと思っても体の中に隠れる人格も多い。著者はその危険を知っていたが、山田が自分から離れたいといったので、体から出す儀式をした。山田のケースが成功した理由は、著者の考えでは、山田自身が体から離れたいと希望したからである。


国際解離研究学会

「患者はある人格を悪魔だと見たり、自分の一部ではないと考える場合があるが、セラピストはエクソシズムの儀式には最大の注意を払うべきである。(中略)エクソシズムは患者によっては、自分の人格イメージを改善するのに役立つ場合もある。教育及びセラピストと聖職者の協力が患者の宗教的、精神的必要性を満たすのに役に立つ可能性もある。」

”憑依霊”的人格:治療

対「ボニー」
「頭の上に水晶の珠がある」。わたし(アリソン)は轟くような声で言った。水晶の珠を鎖でぶら下げた。催眠療法訓練コースでもらった器具だ。勿論これには象徴的な意味しかない。
「ホニーに命ずる。キャリーを離れてこの水晶の珠に入れ。父と子と聖霊の御名において、キャリーより去れ!(中略)水晶の揺れが止まる時、ボニーは立ち去り、キャリーに平穏が訪れる。」

(前略)水晶を見ると遠心力で円を描いている。わたしはびっくりした。手を見たが微動だにしていない。なのに水晶はかなりの速さでぐるぐる回っていた。
「よろしい、キャリー。ボニーが離れたら右の人差し指を立てて『イエス』と合図しなさい。」(略)
とつぜん水晶の珠のスピードが落ちた。やがて止まると、キャリーが「イエス」の指を立ててボニーが離れたと告げた。

キャリーがいうには、わたしが水晶の珠を彼女の頭上に掲げたとき、何かの力が身体から湧き出して頭を通って出ていったように感じたという。(略)
わたしに言えるのは、「窒息死する」という彼女の恐怖が消えてなくなったということだけだ。

対「デニス」
エリーズは地面に崩れ落ちると、突然、叫びはじめた。
「わたしの身体から出てって!出てって!出てって!」
「出て行かないぞ!」、別の声が叫んだ。
「神様がいるなら、わたしを助けて!」、エリーズが叫ぶ。
次の瞬間、彼女は意識を失っていた。

(前略)心が切り替わって交代人格が出て来た。その人格「サンディ」は静かに病棟に戻った。戻る途中で、サンディはその時見たことを語った。縁が灰色で黒い線の入った暗い青色の球体が三つ(注:エリーズにはデニス以外にもう二人の”憑依霊”的人格がいた)、エリーズの心から離れていくのを見たという。

対「山田」
ある時、交代人格たちは協力して山田を捕らえ、苦痛の管理人である少女人格は彼の性器を切り落としてしまった。山田は苦痛と恐怖でのたうちまわり、著者に体から離れたいと申し出たのである。
(前略)実在の山田は今でも九州に住んでいるので、「体から出れば本物の山田に戻れる」と著者が説明すると、交代人格の山田は「体から出してほしい」と哀願した。

二人の立会人、Bさん、そして著者の四人で山田を体から出す儀式を始めた。著者は山田に「耳の穴から外に出られるので耳のほうに行くように」と指示した。(略)
山田は患者の体をあちこち動きまわり、そのうちに「耳の穴を見つけた、向こうに光が見える」といった。(著者)歯ベランダの窓を全開にし、「ここから外に出られる。九州はあっちの方角だ。君は本物の山田の体まで飛んでいけるはずだ」というと、山田は消えてしまった。

日本人患者のISH

特に日本人だからという理論化はなされていないが、とりあえず服部雄一が実際に扱った日本人患者たちに現れた”ISH”人格の特徴を見て行く。


女性患者AさんのISH「僚」と「友梨」

「俺の名はリョウ。『僚』と書く。友人という意味だ。ただし俺は交代人格ではない。俺は五人を導き、行く手を照らすものだ・・・・・五人の背を押す風のようなものだ。ヘルパーでもあり、中継地でもある。(中略)俺は五人全員の一部でもあり、すべてでもある。だからすべてが分かる。俺は呼べばいつでも現れ、アドバイスする。」

これは「僚」がAさん以下5つの交代人格たちに向けて書いた手紙である。
”ISH”の特徴が端的に要約して表現されているが、特に注目すべきだと思うのはその名前の由来である。友人だから「僚」、あくまで役割に特化した命名で、個人としての自意識は極端に稀薄である。実はもう一人のISH、女性人格の「友梨」というのも”事を「有利」に運ぶから”というこちらもISHとしての役割を表現しただけの名前で、ここらへんは徹底している(駄洒落とか言わないように)。

言ってみれば表意文字である漢字/日本語ならではの命名法で、表音文字であるアルファベット/英語を使うアメリカ人患者のISHには出来ない芸当(笑)だが(それに限らず割合日本の交代人格たちはあだ名や季節などの発生時の状況からそのまま適当に命名して済ましていることが多いように思う。個人意識の違い?)、とにかく自ら言っているように単なる交代人格の一人ではなく、自分自身が独立した個人として生きる気はさらさら無いという意志が込められている。実際「友梨」の方は治療の過程で、「もう自分の役割は終わった」と統合するまでもなく勝手に消えて行ってしまったということだ。

第二のISHに十五歳の少女人格「友梨」がいる。(中略)行動力のない僚を補佐する役目をもつ彼女は「牧羊犬」と自称する。僚と友梨は羊飼いと牧羊犬の関係にある。
Aさんによると、友梨は牧羊犬のように機動力があり、人格たちが逸脱した行動を取るのを監視し、守る役目をもつ。他の人格の記憶をほぼすべてトレースでき、意識喪失をともなわずに活動できる。
僚も友梨もまことに模範的な(?)ISH、別の言い方をすればアリソンが元々描写したタイプのISHに近く、最初にアリソン、次にこれという順番で読んで行った僕はてっきりISHとはそういうものだと思ってしまったので、尚更その後の汎用化されたISH概念に違和感を覚えたわけである。

それはともかく(名前の件を除けば)アメリカ人患者と日本人患者のISHに基本的な違いは無いようだ。服部雄一がこの本で挙げている3例の中でこうしたISH人格が現れたのは1例のみだが、アメリカの統計でも出現率はばらつきが見られるようなので、取り立てて特異なことではない。
またアリソンのISHの宗教的・超個人的な性格を、僕はアリソン自身のパーソナリティの反映ではないかと仮に想定してみたが、服部雄一にもそうしたISHが現れるということは必ずしもそういうことは言えないのかもしれない。(ただし後に述べるように服部雄一はアリソン同様にエクソシズム的な治療も行ったりしているので、ある意味での親近性はあるのかもしれない。)


最後に雑感だが、上の手紙の中の『俺は交代人格ではない』という表現は多少不自然というか過度に説明的な印象を受ける。恐らくAさん自身がなにがしか本などで多重人格について予備知識を得ていて、その語彙を「僚」人格が使ったのだと思う。僚のパーソナリティ傾向そのものにそうした予備知識(それこそアリソン理論の影響)が反映している可能性も考えておくべきかもしれない。
そもそも多重人格というトピックス自体、今日の日本人にとっては後追い、輸入概念という面が強いので、往々にして日本人患者の交代人格たちは変に耳年増というか理論武装しているという臭いを感じることもなくはない。

治療プロセスの定式化(2)

#クラフトとロス

一応別の理論だが、重ねると分かりやすいと思うので一つ一つ対応させてみる。

クラフトによる定式化(題目部分)
1.精神療法の基礎を築く。
・治療者による多重人格の診断の確立。(ロス)
2.予備的介入
・多重人格を患者に通知し、交代人格たちと話し合うこと。
・人格統一を目標とすることを説明すること。
・患者やセラピストに危険な場合は身体的拘束が必要なことを説明すること。(以上ロス)
3.病歴収集とマッピング
・人格システムの構成図を作ること。(ロス)
4.心的外傷の消化
・抑圧された感情を解放すること。
・交代人格たちに迫害者の人格を受け入れるよう説得すること。
・催眠療法。(以上ロス)
5.統合解消への動き
・交代人格間の記憶喪失の壁を壊すこと。
・交代人格たちとの交渉。
・契約書の作成。(以上ロス)
6.統合解消
クラフトの7-9についてはアリソンの項で。
一部当てずっぽうだがだいたいこんなところだと思う。


またいくつかキー概念の説明を。

人格システム

僕が今まで便宜的に”人格グループ”などの言葉で表してきたもの。要するにある多重人格者の内部の全人格、及びそれらの関係性を包括する概念。今後はこれで。

解消

統合の前段階。
交代人格間のコミュニケーションが進み、それぞれが抱える(または逆に忘却している)心的外傷体験の処理が進む中で、記憶や知覚の分断が解消されて一貫性のある行動が可能となった状態。ただしこの段階では各人格の個性や自意識はまだ温存されている。

解消と統合

解消の後にはいよいよ統合が待っているわけだが、解消状態でも注意していれば一応大過無く社会生活を送る事は可能である。ここらへんの事情について、ビリー・ミリガンの担当医だったコール博士はこう述べている。

「彼が社会の中で生き、生活していけるならば、単独経営だろうと共同経営だろうと、会社組織だろうと問題ではない。」

要するに(いわば法”人”として)対外的に一貫性のある意志決定が出来ればいいのであって、必ずしも内部的に完全な一枚岩である必要はないというわけである。一種の極論ではあるが、現実的視点であると思う。また既に存在してしまっている罪の無い”交代人格”たちへの避け難い愛惜、彼らの「人生」の継続の可能性という意味でも魅力的な考え方だ。
実際に現在では、完全統合を目指すかどうかは患者側の選択に任される傾向が強いようである。

(治療)契約書

治療やセラピストとの関係についての取り決めを明文化したもの。法的なものではなく、象徴的なもの。可能な限り全ての人格に署名させる。特定の人格の実生活での暴走の抑止にも利用される。
・・・・多くの場合虐待者とその背後の社会、人間全体への不信感から発生した交代人格たちは、反面約束事の遵守に関しては非常に律儀な傾向があり、署名の効力は思いの外強い。

催眠療法

歴史的に多重人格は催眠と密接な繋がりがあるが、治療技術としては他に精神分析、認知療法、論理療法などが使われるようだ。これらについてはいずれ。なお現在のところ薬物や外科的手法の決定的な有効性は認められていない。

治療プロセスの定式化(1)

参考の為に前回のアリソン本についていた、安克昌(故人)による単体で取り上げることも出来そうな充実した内容の解説からも援用する。 

(基本方針)

多重人格の治療法にはいくつかの考え方があり、それぞれ試みられて来た。

1.ホスト人格とだけ交渉し、交代人格は無視する。(分裂を認めず、そのことによって患者側の分裂への動きを抑止する。)
2.交代人格を追放・消滅させる。
3.交代人格発生の原因となっている心的外傷体験を処理し、それによって分裂の必要性そのものを除去する。

現在主流となっているのは3の考えであり、以下に紹介するものも全てそうである。


(治療プロセス)

代表的な3人の治療者による定式化の比較である。

ラルフ・アリソンの場合(「解説」より)
[準備段階]

1.交代人格の存在の認知
2.病態の理性的受容
3.交代人格たちの協調
4.多重人格であることの感情的受容

[心的外傷を取り扱う段階]

5.迫害者人格の無害化
6.心理的統合

[その後のケアを行う段階]

7.霊的統合
8.統合後の学習

クラフトの場合(同じく「解説より」)
[準備段階]

1.精神療法の基礎を築く。
2.予備的介入
3.病歴収集とマッピング

[心的外傷を取り扱う段階]

4.心的外傷の消化
5.統合解消への動き
6.統合解消

[その後のケアを行う段階]

7.新しい対処技術の学習
8.獲得したものの定着化とワークスルー
9.フォローアップ

コリン・ロスの場合(「多重人格者の真実」より)
[準備段階]

・治療者による多重人格の診断の確立。
・多重人格を患者に通知し、交代人格たちと話し合うこと。
・人格統一を目標とすることを説明すること。
・患者やセラピストに危険な場合は身体的拘束が必要なことを説明すること。
・人格システムの構成図を作ること。

[心的外傷を取り扱う段階]

・交代人格間の記憶喪失の壁を壊すこと。
・抑圧された感情を解放すること。
・交代人格たちとの交渉。
・契約書の作成。
・交代人格たちに迫害者の人格を受け入れるよう説得すること。
・催眠療法。

3つの「段階」、及びクラフトの理論についてのそれぞれへの分類は安克昌による。アリソンとロスについては僕が仮に見当をつけてみた。アリソンとクラフトの項の通し番号はそのまま治療のプロセスを表わしている。
読めばだいたいの事は分かると思うが、いくつか解説を。


#アリソン

2.理性的受容と4.感情的受容

まず多重人格という診断を受け入れることから治療は始まるが、理性的に受け入れることと感情的に受け入れることとの間にはしばしば大きなギャップが存在する。全ての、少なくとも主体となる人格が実感として多重人格という診断を受け入れた時、初めて”本気の”治療を始めることが出来る。

3.交代人格たちの協調

交代人格たち相互のコミュニケーションを助け(「解離障壁」を取り去る)、特に多重人格の最も目立つ現実的症状である健忘・・・・それぞれの人格が互いに知らないうちに勝手な行動(一貫性の無い人間関係や不必要な買い物など)をとらないようにし、生活の安定を図って治療に集中させる。

5.迫害者人格の無害化・・・・前回の統合過程の項参照。

7.霊的統合

通常の統合(6.心理的統合)の後に来る、アリソン独自の過程。ISHという形で示唆された、潜在的なより高次の自己との統合。いわゆる「病気」の「治療」ではないが、「分裂」の「統合」という意味で通常の治療過程の延長線上に置かれる。
・・・・この概念の背景にあるアリソンの独特な人格理論が僕にはまだ良く理解できないので、ざっとだけ説明しておきます。


8.統合後の学習
最終統合したばかりの人格はまだ生まれたての赤ちゃんのように、不器用で、生きるのに慣れていない。
今まで複数の人格で生きることに慣れていたが、これからは一つの人格としての生き方を学ばなくてはならないのである。
大きなストレスを受けると再分離することも多い。そのために、統合後の治療が必要なのである。
・・・・これは安克昌によるクラフトの7-9の過程についての解説であるが、基本的に事情は同じなのでそのままあげておく。

服部雄一氏について

経歴を見ると本場アメリカでの修業経験もある日本では数少ない多重人格の専門医ということのようだが、個人的にはあまり良い印象を持たなかった。

書いている内容がいかにも直輸入、普及版、日本版の域を出ないと言うのはまあ大目に見るとしても、どうも治療や新しい知見の導入への純粋な動機よりも早めにツバつけて一旗挙げてやろう的な個人的な功名心の方が目について・・・・。
こんな派出派出しい<a href="http://www.sixam.co.jp/shinri/index.htm" target="_blank">個人HP</a>(注・当時のものに対する感想)は持ってるし、何より本書中で自ら認めるようにまだ一人も完全統合に成功していない身で矢継ぎ早に2冊も一般向けの著書を出す図々しさが、しかも2冊目は多重人格者の「真実」だあ?あんたに真実を語る資格があるのか。評論家じゃなくて治療者なんだからせめて一人でも治してから言え。

ま、出版事情は色々なんでしょうが。本人は啓蒙のためだというでしょうし。
でも僕は駄目ですねこの人。仮に僕や僕の大切な人がこの種の不幸に巻きこまれたとして、せっかくの専門医だからすんなり門を叩く気になるかというと・・・・。うーん、こいつのモルモットになるのは嫌だ。医学、特に珍しい病気の治療にはそういう面がつきものだとしても。頑張って自分で良さそうな人を探そう。
最新コメント
記事検索
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ